面接ネタのブログをピックアップしてみる/twitterやFacebookで結果を出す、はちえん。の中の人

hachienitenBinner
2006年04月18日

面接ネタのブログをピックアップしてみる

 今回は手抜き…、じゃなくて省エネルギー化に伴ない、CO2 5%削減 と 同時進行で、面接ネタのブログを取り上げます。

古川 享 ブログ(マイクロソフトの採用面接)

 前に「単に優等生な対応は企業側も飽き飽きしている」的な事を書きましたが、それに通じるお話しです。
そういえば、私も面接者に「サザエさんの中で一番好き&嫌いなキャラクター名とその理由を挙げよ」って質問した事があります。その質問の意図は、ただイヂワルしたかっただけ。
というのは20%冗談ですが、想定外の質問を浴びせてその反応を見るとかは、面接官の基本でせう。

カリスマCA・細井智彦の「エンジニアが踏んだ面接の地雷」(面接場面における動機の必然性)

 「転職フェアやセミナーがオススメです」は一理あり。セミナー系だと、岐阜県中小企業家同友会の共同求人とかがお勧め。ブースに入った最初から、いきなり企業のトップクラスとお話し放題無料(会場までの交通費は実費。貴方のスマイル0円)という試練の場を体験できます。会社を知る事は経営者を知る事。その為に一番良いのは、やはり実物を見る事です。

BOSTONIAN'S BLOG(アメリカでの面接 コツ)


 外資系の会社で年収1000万を目指す人の為に、アメソカネタもピックアップ。「自分のキャリア目標。」「どんな事を成し遂げたいと思っているのか。」ここら辺りを、面接時に言えと確かにポイント高いです。
 But!ここら辺は内容と言い方を間違えると「大した事も出来んのにプライド高すぎ」とか「奇麗事ばかりだけど本当に自分で考えて言っとんの?」とか「あー、もう意味無く長いなあ。はよ、終わらかなあ。そう言えば、吉野屋の3杯で一杯キャンペーンの締め切りが明日までやで、明日ブタ丼でも食いにいかな。今度はツユだくネギのみにしよ。っていうか、ネギのみやったらブタ丼ちゃうやん!っていうか、まだ喋っとんの?」とか思われかねないので、内容を練った上、それを知人に面接シュミレーションして貰った方がベストかもしれません。

 という事で、今回は「良い加減♪」で他人様のネタにチョコっと引用すると言う、省エネ書きをしてみましたが、それでも書くのに1時間掛かったりしたのを切っ掛けに、ちゃんと長文で内容あるブログを書く人達は、美味しい御米を作ってくれる御百姓さんの次に偉いなあと思った次第でした。


お薦めFacebook記事

ソーシャルメディア活用による、コミュニティ形成により実績を上げたい御法人様は、はちえん。にお問い合わせ下さい
http://8en.jp
お問い合わせ:sakata@8en.jp


☆ソーシャル系のビジネス活用情報を各媒体で配信
follow_twitterfollow_facebook
follow_mixipagefollow_googleplus
はちえん。仕事の料金表

事例から学ぶ!Facebookビジネス活用DVD~世界No1のSNSをビジネスに活用するために必要な、たった2つのポイントとは~[DVD-ROM]

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔