人材派遣会社の倒産状況を解説/twitterやFacebookで結果を出す、はちえん。の中の人
はちえん。ブログHOME  >  日記&雑記  /   >  現在のページ

hachienitenBinner
2009年01月29日

人材派遣会社の倒産状況を解説

日頃から、人材派遣のニュースが絶えませんが、今度はこんなニュースが…。

派遣倒産急増 7割は中小 大手と二極化…体力なく淘汰


2008年の人材派遣会社の倒産件数が49件にのぼり、景気が拡大基調にあった3年前と比べて3.8倍に急増したことが、民間調査会社の帝国データバンクの調査で28日、明らかになった。昨秋以降は大企業による“派遣切り”の動きが進んでおり、帝国データバンクでは今後も人材派遣会社の倒産は増加する可能性が高いと警戒している。
(中略)
失業者が増えれば、人材派遣会社への登録者数も増えて登録業務は多忙になるが、反対に企業側が派遣社員の受け入れを厳しく抑制しているため、派遣会社は派遣実績の急減や収益悪化が避けられない情勢だ。

また、大手メーカーなど企業へ専属的に人材を供給してきた派遣会社ほど、大幅な受注減で経営難に追い込まれやすい側面もあり、帝国データバンクはこうしたケースが今後の倒産件数増加を後押しする可能性があるとみている。


引用元:2009年1月29日 FujiSankei Business i


そもそも、人材派遣は倒産し辛い業種なんです。何故なら、設備投資がいらない業種なので、あまり借入金が発生しない。更に、買掛金で手形を切る事も無く、売り掛けも殆ど現金入金ですので。

なので、倒産するのは、社宅・社屋・研修などの設備を建てて、一部の借入金が大きな人材派遣会社です。
廃業をするしても、大半の人材派遣会社は事業凍結or廃業で行う場合が殆どですので、倒産+廃業件数は、倒産の10倍以上はあるのでは、と推測します。

しかし、こういうニュースまで出ると、銀行からの運転資金の融資が認めららず、更に廃業する人材派遣会社が増えるでしょうね。

いずれにしろ、人材派遣会社は冬の時代ですが、弊社は地元の確かな人財と、確かな中小企業を正社員紹介で結ぶ、職業紹介を事業主体に移していますので、倒産する事は有りませんので、ご心配なく(^^)


お薦めFacebook記事

ソーシャルメディア活用による、コミュニティ形成により実績を上げたい御法人様は、はちえん。にお問い合わせ下さい
http://8en.jp
お問い合わせ:sakata@8en.jp


☆ソーシャル系のビジネス活用情報を各媒体で配信
follow_twitterfollow_facebook
follow_mixipagefollow_googleplus
はちえん。仕事の料金表

事例から学ぶ!Facebookビジネス活用DVD~世界No1のSNSをビジネスに活用するために必要な、たった2つのポイントとは~[DVD-ROM]

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔