かなり要注意!Facebookプロモーションガイドライン/twitterやFacebookで結果を出す、はちえん。の中の人
はちえん。ブログHOME  >  Facebook  /   >  現在のページ

hachienitenBinner
2010年08月04日

かなり要注意!Facebookプロモーションガイドライン

odencarry
Facebookは実名が利用規約に定められている、という話は以前に書きましたが、他にも利用規約では、ビジネス利用の上でとても重要な一文が含まれています。
(3-9 安全より)
弊社から事前に書面による同意を得ることなく、Facebookでコンテスト、景品、または懸賞を提供することはできません。弊社が同意した場合は、そのプロモーションに全責任を負い、弊社のプロモーションガイドラインおよびすべての準拠法にしたがうものとします。
上記で書かれている、Facebookプロモーションガイドラインも、実はかなりのクセモノです。
今回、その重要な部分の要約を上げてみますが、正式なものは必ずFacebookプロモーションガイドラインをご確認下さい。
  • Facebookを使用して、景品・賞品を用意する企画は、全てプロモーションにあたります。
  • 全てのプロモーションは事前に書面によるFacebookへの承認が必要となっています
    (しかし、事前に書面を出したいう話は聞いたことがありませんが…)
  • プロモーションの募集・管理などに、いいね!・コメント・メッセージなど、Facebookの通常機能を一切使ってはいけません。
  • では、プロモーションへの応募・投稿や、応募者の管理をどうするか。その解決は3点
    1.既存のプロモーション用のFacebookアプリを使う
    2.プロモーション用のFacebookアプリを自作する
    3.iFrameでタブを新設し、そこに応募フォームなどを組み込む
他にも結構重要なことが、Facebookプロモーションガイドラインに書いてありますので、是非、チェックを。

それにしても、なぜここまで、厳しい規定になっているんでしょうか。
その理由を推測で端的に言うと、

Facebookが、揉め事に巻き込まれるのは勘弁!
なので、個人情報の取得や、やり取りは、直接やって頂戴。
facebookは一切、関わりませんから!残念っ!
(ちょっと古い)

と言うこと。

海外の企業Facebookページが、軒並みFacebookアプリを配置しているのは、この為なんですね。

この辺りを知らずに、twitter気分でお気軽キャンペーン等を行っていると、思いっきり利用規約違反となり、裏に嵌る事になりますので、特に企業ユーザーの皆様は、きちんと規約を事前把握をしておきましょう。


お薦めFacebook記事

ソーシャルメディア活用による、コミュニティ形成により実績を上げたい御法人様は、はちえん。にお問い合わせ下さい
http://8en.jp
お問い合わせ:sakata@8en.jp


☆ソーシャル系のビジネス活用情報を各媒体で配信
follow_twitterfollow_facebook
follow_mixipagefollow_googleplus
はちえん。仕事の料金表

事例から学ぶ!Facebookビジネス活用DVD~世界No1のSNSをビジネスに活用するために必要な、たった2つのポイントとは~[DVD-ROM]
nyattta│Comments(0)TrackBack(0)この記事をクリップ!Facebook 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔